意外と簡単!?ユーザー車検受験の際の注意点

そもそもユーザー車検とは?

ユーザー車検とは、全国の陸運局で実施されている車検制度です。この制度を利用すれば、自動車販売店や自動車整備工場だけではなく、誰でも最寄の陸運局で車検を受験する事が出来ます。ディーラーや中古車販売店に車検を依頼すれば、車検整備費用等がかなり高額になり車検費用自体が高額になりがちです。ユーザー車検は自分で車検を受験する為に、受験費用である自動車重量税と自賠責保険料と受験手数料だけで済みます。もちろん整備は自分でする事が前提ですが、この制度はかなり安く車検を通せるメリットがあります。受験の際に保安基準に適合していないと車検に合格出来ませんが、不合格の部分だけ再受験して合格すれば車検に通りますので安心です。

ユーザー車検受験の際の注意点

実際に車検を受験する場所は、陸運支局にある車検ラインです。ここでは自分で車を運転して検査を受験します。検査を受ける前に、まず自分でしっかりと確認しておきたいところは、ライト関係です。ブレーキランプやヘッドライトやウインカー等、自動車には多くのランプがついています。このランプが一つでも切れていると検査に合格できませんので、ランプの切れが無いかしっかりと目視で点検しておきましょう。現在の自動車はメンテナンスフリーですので、ほとんどの車は検査に合格するかもしません。ただヘッドライトの向きや光度は検査でも最も不合格になりやすい部分なので注意が必要です。不合格部分に関して自分で調整や整備が出来ない場合は、最寄の自動車整備工場に依頼しましょう。

車検はディーラーや自動車販売店などで依頼できますが、ガソリンスタンドのエネオスで車検を依頼する事もできます。エネオスは全国的にも店舗が多く、安心して車検を任せることができます。