目から鱗!なるべく車検を安くあげるノウハウ

業者に車検を依頼する場合

大抵の場合、車検を受ける時は、ディーラーや車検専門の業者、ガソリンスタンドなどに依頼される方が多いのではないかと思います。一般的に、ディーラーで車検を受ける方が、その他の店舗で車検を受けるより高くなりがちです。でも、あまり知られていませんが、ディーラーで車検を受けようと、その他の店舗で受けようと、基本的な車検費用、つまり法定費用は変わりません。でもディーラーでは、部品の交換が必要な場合に純正の部品を使ったり、単に車検に通すだけでなく、安心して車を走らせることができるようにすることを主眼に置いているために、どうしても費用が高くなりがちなんですね。というわけで、なるべく安く車検を済ませたいなら、ディーラー以外の店舗で受けるのがおススメとなります。

ユーザー車検を受ける場合

時間がある場合には、自分で車を車検場に持って行って車検を受けるのが最も安上がりな方法になります。業者に依頼する場合には、法定費用に加えて、車検を代行してもらう費用を支払わなければなりません。でも、自分で済ませるなら、手数料を払わなくて済みますので、その分、安くなるわけです。注意点としては、もし車検場で、車が検査基準を満たしていなければ検査を不合格になってしまうということです。そのため、検査に通るか心配な場合には、事前に陸運支局の近くにある予備検査場で、検査を受けておくことをおススメします。ただし、陸運支局によっては、予備検査場がなかったり、一般の人は利用できないこともありますので、前もって確認しておきましょう。

車検の費用の内訳は、点検や整備で発生する料金をはじめ、自動車重量税・自賠責保険料・検査手数料の法定費用となっています。