貸し切りバスを利用するならば目的に合ったものを選ぶ

種類によって様々な設備がある

集団で旅行などに行くときに、バスを貸し切る場合にはバスのサイズも様々あります。それ以外でも、設備も実にバラエティに富んでいます。良い景色を見たい場合には、ハイデッガーバスを利用するとよいでしょう。ハイデッガーバスの特徴は、2階建てバスとは違いますが、座席が通常のバスよりも高い位置にあるため眺めがいいのが特徴になります。横からの眺めもいいですが、正面の窓が大きくなっており、解放感にあふれています。
宴会を楽しむ場合には、サロンバスを利用してみるのはよいでしょう。サロンバスとは、座席が向かい合うタイプになっており、宴会などを楽しむことができます。もう少し具体的にいえば、カタカナの「コ」の字のように座席が配置してあり、真ん中にはテーブルが用意されています。カラオケやDVDそして冷蔵庫を装備しているものも多く、移動する楽しみを味わいたいならば魅力的ですね。

車いすを載せることが出来るバス

車いすの人が参加する場合には、車いすでも安心のリフト付きバスを利用することもできます。入口のところにリフトが付いており、そこに車いすを乗せて乗車できるようになります。
中には、車いすを固定できる車両もありますが、乗車した後に普通の座席に座ることができるタイプも存在しています。
車いすを固定できるタイプは、その分座席が少なくなっており、ゆったりとした空間を確保できる点が魅力と言えるでしょう。ただし、リフト付きバス自体の台数が少ないため料金が高くなることと、予約が取れない可能性もあるため注意しましょう。

貸切バスとはバスを貸しきることです。学校な社会科見学や修学旅行などのほかに、会社が従業員のために慰安旅行を計画し使われることもあります。